お酒と勃起の関係性とは?飲酒量によって得られる効果が異なる

お酒と勃起の関係性とは?飲酒量によって得られる効果が異なる

少量のお酒なら勃起に好影響 ネオクリニック男性部門

「お酒を飲み過ぎたら勃起できなかった」

このような経験をされている方は、意外に多いかと思います。

アルコールと勃起には密接な関係があるため、飲酒量によって好影響を及ぼす事があれば、悪影響を及ぼす事もあるのです。

今回は「お酒と勃起の関係性」について詳しく解説していきます。

過度のお酒は勃起に悪影響

結論から言うと、過度なお酒は勃起に悪影響を及ぼします。

勃起は中枢神経が関係しており、お酒は中枢神経を抑制させる効果があります。

中枢神経とは?

  1. 脳と脊髄のこと
  2. 性的興奮を陰茎に伝える働きがある

つまりお酒を過度に飲みすぎてしまうと、性的刺激や興奮が正しく陰茎に伝わらなくなり、勃起障害(中折れなど)を引き起こしてしまうのです。

⇛中折れの原因や対策について

酔いの状態をしっかり把握しておく

「酔いの状態」は、以下6つに分類されます。

  1. 爽快期:陽気になる
  2. ほろ酔い期:理性が少し失われる
  3. 酩酊(めいてい)初期:立つとふらつく
  4. 酩酊(めいてい)期:千鳥足になる
  5. 泥酔期:まともに立てない
  6. 昏睡期:動かして起きない(死亡リスクあり)

勃起に良いとされる状態は「爽快期~ほろ酔い期」と言われており、ほろ酔い期を過ぎてしまうと脳の中枢神経が抑制されてしまいます。

何も考えずにお酒を飲んでいると、気が付かない内に「酩酊初期~酩酊期」になってしまうため、飲みすぎには十分ご注意ください。

飲酒に注意が必要な方

加齢や喫煙、生活習慣など動脈硬化が進行している方は、飲酒の影響を受けやすい傾向にあります。

様々な要因で動脈硬化が進行してしまうと、血管が狭窄してしまい血液の循環が悪くなってしまいます。

その結果、正常に勃起が出来なくなってしまうのです。

動脈硬化に加え、飲酒により中枢神経まで抑制されたら、普段より勃起が起こりにくくなってしまいます。

加齢に伴い動脈硬化が進行し、高血圧や高脂血症など生活習慣病を患っている方は、性行為前のお酒を控えた方が良いかもしれません。

生活習慣病を患っている方はバランスが良い食事を心がけつつ、精力が付く食べ物をぜひ取り入れてみてください。

⇛精力が付く食べ物を見てみる

少量のお酒なら勃起に好影響

「過度なお酒は勃起に悪影響を及ぼす」と解説してきました。

ですが実は、お酒を少量飲むことでリラックス効果が得られるため、勃起に好影響を及ぼしてくれる可能性があります。

お酒が及ぼす好影響の前に、勃起と密接な関係にある「自律神経」について解説しておきます。

■交感神経

  • 昼間や活動している時に働く神経
  • 優位になると緊張状態になる

■副交感神経

  • 休憩時や睡眠時に働く神経
  • 優位になるとリラックス状態になる

意外と知られていないのですが、勃起する時に働く神経は「副交感神経」ですので、リラックス状態にならないと勃起が起こりにくくなってしまいます。

ここで話を戻すのですが、少量のお酒を飲むことでリラックス効果が得られるため、勃起しやすくなるのです。

⇛勃起の硬さが正常かどうか確認してみる

■少量のお酒が勃起に及ぼす好影響

  1. 少量のお酒を飲む
  2. 副交感神経が優位になる
  3. 普段よりリラックス状態になる
  4. 勃起しやすくなる

上記の事から、お酒の飲みすぎは良くありませんが、少量のお酒なら性行為前に飲んでも問題ありません。

好影響を及ぼす飲酒量

「少量のお酒は勃起に好影響を及ぼす」と解説しましたが、どのぐらいの飲酒量が最適なのかわからないですよね。

結論から言うと、お酒の強い・弱いなど体質が関係するため、一概に「ビール○杯分」など断言することは出来ません。

いくら飲んでも酔わない方がいれば、ビール1杯で酔ってしまう方もいるため、1人1人によって適量は異なります。

上記の事から、飲酒量の目安は「ほろ酔いになる程度」と覚えておきましょう。

性行為に緊張してしまう方におすすめ

性行為に緊張する方は少量のお酒を飲むことで、適度なリラックス状態になり緊張状態が解けやすくなります。

緊張状態が続くと勃起が難しくなるため、以下のような負のスパイラルに陥ってしまう可能性があります。

■負のスパイラル

  1. 性行為に緊張する
  2. 副交感神経が優位にならない
  3. 勃起できない
  4. 性行為に失敗する
  5. 次の性行為が不安になる
  6. 1に戻る

負のスパイラルに長い期間陥ってしまうと、精神的な要因から起こる「心因性ED」になってしまう可能性があります。

⇛心因性EDの詳細はこちら

緊張を自分でコントロールするのは、非常に難しいです。

  • 失敗したらどうしよう
  • 女性に嫌われたらどうしよう
  • ガッカリされたらどうしよう

など様々な事を考えてしまい、どうしても性行為前に緊張してしまう方は、お酒のリラックス効果に頼ってみてはいかがでしょうか?

勃起に不安がある方はお酒を控える

ここまで「勃起とお酒」について詳しく解説してきました。

お酒の量によって良い影響・悪い影響を及ぼすため、自分の適量がどのくらいかしっかり把握しておきましょう。

当院ではEDのオンライン診療を行っております。

お酒の量を気にしてしまう程、勃起に関する悩みがある方は、お気軽にご相談ください。

EDのオンライン診療を予約する

当院で扱っているED治療薬

バイアグラ
  • バイアグラ50mg:1錠1,980円
  • バイアグラ25mg:1錠1,780円

⇛バイアグラの効き目やリスクを確認する

バイアグラのご購入はこちら

シアリス
  • シアリス20mg:1,880円~
  • シアリス10mg:1,780円~

⇛シアリスの効き目やリスクを確認する

シアリスのご購入はこちら

レビトラ

レビトラ20mg:1,880円~

⇛レビトラの効き目やリスクを確認する

レビトラのご購入はこちら

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。