アバナは国内未承認薬のコピー薬?個人輸入代行業者の危険性や注意点を解説

アバナは国内未承認薬のコピー薬?個人輸入代行業者の危険性や注意点を解説

アバナ

アバナは国内未承認薬であるステンドラと同じく、アバナフィルが含まれている薬剤です。

国内では承認されていない為、アバナはジェネリック医薬品ではなくステンドラのコピー薬に分類されます。

「有効成分が同じなら問題ない」
「国内未承認薬を服用しても大丈夫なのか? 」

上記のように意見が両極端に分かれているのですが、結論から申し上げますと、当院では「個人輸入代行業者を利用したアバナの購入」は推奨致しません。

「なぜ推奨しないのか?」を含め、「アバナの詳細」や「ステンドラとの比較」等々について解説していきます。

アバナとは

アバナとは、ステンドラと同じ有効成分が含まれている薬剤です。

サンライズレメディーズ社(アバナの製薬会社)のホームページには、3種類の用量を取り扱っていると記載されておりました。

  1. 50mg
  2. 100mg
  3. 200mg

アバナの詳細は、以下の通りです。

製薬会社 サンライズレメディーズ社
有効成分 アバナフィル
製造国 インド
日本国の承認 されていない

有効成分であるアバナフィルが含まれているため、アバナを服用する事で勃起機能をサポートしてくれます。

従って、勃起時の硬さが出にくくなってきた方は、アバナの服用を検討してみても良いかもしれません。

⇒勃起時の硬さに問題がないか確認する

有効成分アバナフィルについて

アバナに含まれている有効成分アバナフィルですが、2021年現在「FDA」でのみ承認されております。

■FDAとは?
アメリカ食品医薬品局の略称
厚生労働省と同じような役割を持つ機関

国内では未承認薬に分類されるため、厚生労働省はアバナフィルに対し、以下のような注意喚起を行っておりました。

国内でこの成分を含有した医薬品は承認されていません。
海外では医薬品(勃起不全治療薬)として使用されており、健康被害が発生するおそれが否定できません。

参照元

平成26年度「インターネット販売製品の買上調査」の結果について

あくまでも国内未承認なだけで、アバナフィルの安全性が著しく低いわけではありません。

しかし、バイアグラやシアリス等々の国内承認薬より、服用リスクがある事を把握しておきましょう。

ダポキセチンとの配合薬も展開している

サンライズレメディーズ社のホームページによると、早漏改善に有効とされる「ダポキセチン」を含んだアバナも販売されておりました。

アバナフィル ダポキセチン
トップアバナ 50mg 30mg
スーパーアバナ 100mg
200mg
60mg

どちらも配合薬ですが、アバナフィルとダポキセチンの含有量が異なっております。

スーパーアバナの場合、各有効成分の含有量が上限に近いため、服用には注意が必要です。

  • アバナフィルの上限:200mg
  • ダポキセチンの上限:60mg

トップアバナしかりスーパアバナは、2種類の有効成分を同時に摂取する為、通常のED治療薬より服用リスクが高いと言えます。

従って当院では、アバナフィルとダポキセチンの配合薬は推奨しておりません。

サンライズレメディーズ社について

アバナの製造販売をしているサンライズレメディーズ社。

HIV治療薬や早漏防止薬、スキンケア製品等々を幅広く展開しており、特にED治療薬の商品数が多い傾向にありました。

以下5つのSNSも運営しており、情報発信に力を入れているようです。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram
  • LinkedIn

WHO認定の製造工場があるため、アバナの品質が著しく悪い事はないと思われます。

参照元

Sunriseremedies

アバナ以外に製造販売しているED治療薬

サンライズレメディーズ社はアバナだけではなく、以下のような海外医薬品も製造販売しているようです。

先発品 有効成分
タダライズ シアリス タダラフィル
マレグラ バイアグラ シルデナフィル
ズデナ ザイデナ ウデナフィル
ジェビトラ レビトラ バルデナフィル 

 

アバナの効果や副作用

アバナにはアバナフィルが含まれているため、ステンドラと同様の効果を得られる可能性があります。

しかし、ステンドラは国内で臨床試験が行われておらず、アバナは臨床試験の結果自体が公開されていないようですので、「必ず効果を得られる」とは断言出来ません。

ただ、「同じ有効成分=同じ作用機序」である可能性があります。

効果だけではなく副作用も同じ可能性があるため、アバナの「効果」や「副作用」等々の詳細が気になる方は、以下の記事を参考にしてください。

ステンドラの効果や副作用の詳細はこちら

また、アバナは各ED治療薬の特徴を持ち合わせているため、バランスを重視したい方はアバナと相性が良い可能性があります。

特徴
バイアグラ 力強い勃起をサポートしてくれる
シアリス 食事の影響を受けにくい
副作用が出にくい
レビトラ 効果の発現時間が短い傾向にある 

 

アバナとステンドラとの比較

アバナとステンドラには、以下のような違いがあります。

ステンドラ アバナ
用量・価格
(1錠あたり)
100mg/1,350円
200mg/1,800円
50mg/380円
100mg/720円
200mg/1237円
有効成分 アバナフィル アバナフィル
製薬会社 メナリーニ社 サンライズレメディーズ社
製造国 シンガポール インド
購入方法 個人輸入 個人輸入
日本国の承認 ×  ×
救済制度 受けられない 受けられない
偽物の可能性 あり あり

海外医薬品は1錠あたり、200円前後で販売されている傾向にある為、アバナの価格はやや高いと言えます。

ステンドラとアバナの明確な違いは、「製薬会社」と「製造国」の2つだけです。

どちらも国内では承認されておらず、個人輸入でしか購入出来ないため、当院ではステンドラ、アバナの処方は行っておりません。

アバナフィル以外のED治療薬を見てみる

アバナを通販で購入するリスク

ここまで「アバナの詳細」や「ステンドラとの比較」等々について解説してきました。

サンライズレメディーズ社は健全な製薬会社と判断出来る為、アバナの品質は優れていると思って良いでしょう。

従って、サンライズレメディーズ社から直接購入出来る方は、アバナを服用する価値があると言えるでしょう。

しかし、サンライズレメディーズ社から直接購入する事は出来ず、必ず「個人輸入代行業者」を利用する必要があります。

個人輸入代行業者とは言葉の通り、個人輸入を代行する業者の事です。

■そもそも個人輸入とは?
海外の通販サイトから商品を購入し輸入する事

個人輸入代行業者利用時のトラブルは後を絶たないため、個人輸入を行う危険性解説していきます。

個人輸入代行業者利用時にトラブルが多い理由

個人輸入代行業者の中には、悪質な詐欺行為を行う業者が存在するようです。

  • 偽物を製造販売している可能性
  • 個人情報を不正入手している可能性
  • お金だけ払わせて商品を送らない可能性

もちろん法律に則って、健全な運営をしている個人輸入代行業者もあると思われます。

しかし、健全な運営を行う個人輸入代行業者は少ないようですので、個人輸入自体を行わないようにする事を推奨致します。

海外医薬品の危険性や購入リスクを確認する

偽造医薬品にアバナフィルが使用されている

厚生労働省のホームページによると、ED治療薬の偽物にアバナフィルが使用されているケースが報告されておりました。

  • タダラフィルとアバナフィルの配合薬
  • シルデナフィルとアバナフィルの配合薬

だからと言って、アバナの偽物が存在するわけではありません。

しかし、偽造医薬品にアバナフィルが使用されている以上、アバナの偽物が流出する可能性があると考えておいた方が良いでしょう。

アバナを処方しているクリニックもある

2021年現在、数は非常に少ないですが、日本国内にもアバナを処方しているクリニックがあるようです。

仮に診察を受けて処方されたとしても、そのアバナが偽物ではない事が証明されない事には変わりありません。

長期的な服用を考えるのであれば、国内で承認された「ED治療薬」や「ジェネリック医薬品」を推奨致します。

当院ではED治療のオンライン診療を行っておりますので、「勃起不全」や「中折れ」等々のお悩みがある方はお気軽にご相談ください。

EDのオンライン診療を予約する

併せて読まれている記事

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。