EDの原因は加齢だけではない?医師が原因と解決方法を解説

EDの原因は加齢だけではない?医師が原因と解決方法を解説

EDの原因は加齢だけではない?医師が原因と解決方法を解説

EDだと感じたときにどうするべきか?

男性にとってED(勃起障害・勃起不全)の症状は深刻でデリケートな問題のため、誰にも相談できずに解決できないまま悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

当院でもそうした理由からEDの症状を感じながらも、放置してしまいEDの症状が深刻化してから来院されるケースが増えています。

今回はEDになってしまう原因とその解決方法などを解説します。

EDの原因は大きく分けて4つ

EDは高齢になることで発症すると思っている方も多いはず。もちろん加齢による影響もありますが、EDにはその他にも原因があり解決方法も異なります。

EDの具体的な原因は以下の4つとなります。

  • 心因性ED
  • 器質性ED
  • 混合性ED
  • 薬剤性ED

このようにEDの原因には幾つか種類があるため、まずは自分がどんな原因でEDを発症しているのか?を早期に正しく知り、適切な処置を受けることが大切です。
それでは、それぞれのEDの原因について具体的にご紹介していきます。

心因性ED

心因性EDと呼ばれるEDは精神的な問題を抱えている人、ストレスなどを抱えている人等に多くを発症します。
代表的な相談例としては

  • 夫婦間における妊活で性行為が義務化したことがプレッシャーとなり勃起しなくなる。
  • 過去、性行為の際に大きなトラウマを抱えて、性行為を苦痛と感じることで勃起しなくなる。

当院でもこのような相談例が非常に多く、一般的にED=高齢者のイメージがありますが実際には20代や30代などの若年層世代からも多く相談を受けることから年齢に関係なく発症するEDだと言うことが分かります。

まずは精神的な問題が何か?を把握し、それに対して向き合うことが大切です。

そして治療の1つの手段としてバイアグラシアリスレビトラなどのED治療薬を用いてゆっくりと治療していくことが大切です。

パートナーの方はあまり焦らせない、ゆっくり男性側の気持ちになって共に解決するといった心遣いなどが大切です。

器質性ED

2つ目に紹介する器質性EDは、加齢が原因で引き起こすEDです。
年齢を重ね、特に動脈硬化によって血管が狭窄することで血流の流れが悪くなります。

勃起とは多くの血液がペニスの陰茎内部にある海綿体に入り込み、膨張することで引き起こされます。

血流が悪くなると必要な血液量を送り込むことができません。

つまり動脈硬化などの生活習慣病を患うと器質性EDを引き起こしやすくなります

ネオクリニック取り扱いのED治療薬はこちら

適度な運動を行ったり、食生活を見直す等、生活習慣を改善することでED治療薬がなくても根本から改善することが可能なEDです。

混合性ED

混合性EDは上記で紹介した心因性と器質性、両方の要素からEDを発症するものです。

混合しているため、原因を特定するのが難しく、心因性と器質性の両方の原因にアプローチし、焦らずゆっくり改善する”のが望ましいです。

例えば外傷的要素があって勃起しない場合もありますし、糖尿病や高血圧などを引き起こした結果EDになってしまい、自分は病気だからといったネガティブな思考による心因性的な側面もあります。

1人で悩まずに専門家である当院にご相談いただくこともは解決に繋がる第一歩です。

お気軽にご相談ください。

ED治療 オンライン診療を予約する

薬剤性ED

薬剤性EDは他疾患の治療のために服用しているお薬の副作用としてEDになってしまうケースです。

こちらも心因性ED同様に幅広い世代で見られます。
20代のように若くても精神安定剤や抗うつ剤を服用していたり、高齢者でも降圧剤、胃の治療薬などを長期投与している場合には引き起こす可能性があります。

海外通販サイトなどの利用をしている方以外は、医師から説明を受けていると思いますので担当医に相談したりして、服用を中断しても良いものか?など方針を決めることも大切です。

適切な治療を個人の判断で中断してしまうと命に係わる可能性もありますので絶対に辞めましょう。

海外通販での購入リスクなどを確認する

全てのEDにED治療薬が有効

今回はEDには種類があり、それぞれ原因や解消方法の違いがあることをお話しました。

個人毎に様々な要因があり、それに応じて対処法も違いますが基本的にはED治療薬を正しく服用することでEDは克服することが可能です。

ただし薬剤性EDの項目でもお話したように、個人の判断でお薬の服用を開始したり中断することは命に関わる問題へと繋がることもあります。

海外通販サイトなどを利用しED治療薬を服用せず、医師と相談して安心安全にEDを改善していきたいものです。

併せて読まれている記事

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。