EDの治療方法について

ED治療を始める前に種類を特定する必要がある

EDは以下4種類に分類される為、治療を始める前に「原因」や「種類」を特定する必要があります。

心因性ED 精神的な問題が原因で起こるED
器質性ED 血管や神経の障害が原因で起こるED
混合性ED 心因性と器質性が原因で起こるED
薬剤性ED 薬の副作用が原因で起こるED

心因性EDを改善したい場合、心因性EDに有効とされる治療を受ける必要があります。

原因を特定しないまま治療を行った場合、EDが改善されなかったり悪化したりする可能性がある為、注意が必要です。

自分のEDタイプを理解していない方は、まず原因の特定から始めてみましょう。

⇛EDの原因詳細を確認する

【種類別】EDの治療方法について

種類別で解説していきますので、ご自身の状況に該当しそうな治療方法を選択してください。

※以下はリンクになっている為、選択した治療方法をすぐに読めます

  1. 心因性EDの治療方法
  2. 器質性EDの治療方法
  3. 混合性EDの治療方法
  4. 薬剤性EDの治療方法

それでは上記について、1つずつ解説していきます。

心因性EDの治療方法

心因性EDの治療方法は、以下の通りです。

  1. カウンセリングを受ける
  2. サプリメントを服用する
  3. ED治療薬を服用する
  4. 精神安定剤を服用する

心因性EDは精神面が大きく関係していると言われている為、性行為を繰り返し、自信を回復させる必要があります。

中々、治らない事による「焦り」や「不安」等々が、症状を悪化させる原因になる場合もある為、心因性EDの治療は地道にコツコツを意識しましょう。

⇒心因性EDの詳しい治療方法を確認する

器質性EDの治療方法

器質性EDの治療方法は、主にED治療薬が使用されます。

各ED治療薬の特徴
バイアグラ 勃起時の硬さが出やすい
シアリス 副作用の発現率が低い傾向にある
レビトラ 即効性に優れている

器質性EDの主な原因は、高血圧等々の生活習慣病が引き起こす動脈硬化と言われています。

動脈硬化になると血管が狭窄してしまい、勃起に必要な血液量を海綿体に送り込めなくなる為、血管拡張作用があるED治療薬が有効とされています。

また、器質性EDの治療方法として、「適度な運動」や「食事改善」等々も有効とされているようです。

ED治療薬の服用に抵抗がある方は、まず運動や食事の改善から始めてみましょう。

⇛勃起不全に有効とされる下半身の筋トレを紹介

混合性EDの治療方法

混合性EDを治療するにあたり、「器質性ED」と「心因性ED」の治療を両方試す必要があります。

注力すべき治療方法
心因性EDが深刻な場合 ED治療薬による血流改善
喪失した自信の回復
器質性EDが深刻な場合 ED治療薬による血流改善
運動や食事の改善
勃起力向上に有効なツボを押す

原因特定が難しく、混合性EDの治療は難しいとされている為、早い段階で医師の診察を受けた方が良いでしょう。

薬剤性EDの治療方法

薬剤性EDの治療にも、ED治療薬が推奨されています。

しかし、ED治療薬と併用してはいけない薬が存在する為、安易な服用は非常に危険です。

ED診療ガイドラインによると、以下の薬が薬剤性EDを引き起こすとされています。

  • 降圧剤
  • 抗うつ薬
  • α遮断剤
  • 5α還元酵素阻害薬
  • 髄腔内バクロフェン療法
  • 非ステロイド性抗炎症薬

ED治療薬の併用禁忌に該当する薬はないようですが、「降圧剤」と「α遮断剤」は併用注意に該当します。

併用禁忌薬 ED治療薬と併用してはいけない薬
併用注意薬 ED治療薬との併用に注意が必要な薬

服用リスクを考慮し以下に該当する方は、必ず医師の診察を受けてからED治療薬を服用しましょう。

  • 上記の薬を服用している
  • 普段から服用している薬がある
  • ED治療薬を初めて服用する

EDのオンライン診療を予約する

併せて読まれている記事

ネオクリニック 宿田 医師 ED
監修:宿田 孝弘 (ネオクリニック院長)
ネオクリニックは北海道札幌市に本院を置く自由診療のクリニックです。 患者様の気持ちに医師全員が寄り添える、そんなクリニックをコンセプトに運営して参りますので、是非お気軽にご相談ください。

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。