シルデナフィルの効果について

シルデナフィルで得られる効果・作用機序

シルデナフィルには「PDE5の働きを阻害する作用」があり、服用する事で以下2つの効果を得られる可能性があります。

  1. ED(勃起不全)や中折れの予防・改善
  2. 勃起時の硬さが出やすくなる

PDE5とは「勃起を鎮める成分」の事です。

EDを患っている方は健常者より、PDE5が活発に作用していると言われています。

正常な勃起を促すには「PDE5の働きを阻害」する必要がある為、シルデナフィルがED治療に有効とされています。

⇒バイアグラの効果詳細を確認する

ED(勃起不全)や中折れの予防・改善

シルデナフィル製剤を服用する事で、「ED」や「中折れ」等々の予防・改善に有効とされています。

「シルデナフィルはPDE5の働きを阻害する」と解説しましたが、PDE5が阻害される事によって「cGMP」という成分が活性化します。

■cGMPとは?
┗勃起の持続に必要な成分
┗血管拡張作用がある

cGMPが活性化し血管が拡張される事によって、海綿体に送られる血液量が増えやすくなります。

その結果、正常な勃起が起こりやすくなる為、「ED」や「中折れ」等々の予防・改善に有効とされています。

  • 勃起時の硬さに満足出来なくなった
  • 中折れする機会が多くなった
  • 挿入に必要な硬さが出なくなってしまった

上記のようなお悩みを抱えている方は、「バイアグラ」または「シルデナフィル製剤」の服用を検討した方が良いかもしれません。

バイアグラを通販で購入する

シルデナフィル製剤を通販で購入する

勃起時の硬さが出やすくなる

シルデナフィルの効果はあくまでも「血管拡張作用」である為、EDではない方の服用も可能です。

勃起時の硬さが出やすくなったり、勃起状態を維持しやすくなったりするので、以下に該当する方もシルデナフィル製剤を服用しているようです。

  • 妊活をしている方
  • 純粋に性行為を楽しみたい方
  • マンネリの予防、防止をしたい方
  • 1日に2回以上の性行為を行いたい方

上記に該当する方は、シルデナフィル製剤の服用を検討してみてはいかがでしょうか?

シルデナフィル製剤の一覧はこちら

シルデナフィルの効果的な服用方法

シルデナフィルは「飲み方の影響を受けやすい」と言われています。

正しい飲み方を理解せずシルデナフィル製剤を服用した場合、得られる効果が半減してしまう恐れがあります。

場合によっては、重篤な副作用を引き起こす可能性がある為、シルデナフィル製剤の正しい飲み方をしっかりと理解しておきましょう。

【正しい飲み方の一例】

  • 性行為の1時間前に服用する
  • 食前(空腹状態)に服用する
  • グレープフルーツを食べてはいけない

上記の一例を見て不明点がある場合、以下の記事を読んでおいた方が良いかもしれません。

⇒バイアグラの正しい飲み方を確認する

シルデナフィルで得られる効果の持続時間や発現時間

シルデナフィルの持続時間や発現時間は、以下の通りです。

発現時間 持続時間
シルデナフィル
(バイアグラ)
30分~1時間程度 4時間~5時間程度
タダラフィル
(シアリス)
1時間~3時間程度 24時間~36時間程度
バルデナフィル
(レビトラ)
15分~30分程度 5時間~10時間程度

他のED治療薬と比較すると、シルデナフィルの発現時間は平均的ですが、持続時間はやや短い傾向にあります。

種類によって得られる効果が多少異なる為、以下のような特徴を把握した上でED治療薬を選択しましょう。

特徴
シルデナフィル
(バイアグラ)
勃起時の硬さが出やすい
副作用がやや出やすい
タダラフィル
シアリス
副作用の発現率が低い傾向にある
持続時間が最も長い
バルデナフィル
レビトラ
即効性がある
食事の影響を受けにくい

シルデナフィルが効かない場合もある

「体質」や「体調」等々によって、シルデナフィルが効かない場合もあります。

シルデナフィル製剤を服用しても効果を実感出来ず、副作用が出なかった場合は以下を試してみましょう。

  • 正しい飲み方かどうか確認する
  • 体調が万全の日に、もう一度服用してみる
  • 25mgを服用した場合、50mgを服用してみる

1回目の服用で強い副作用が出た場合、体質に合っていない可能性が考えられる為、シルデナフィル製剤の服用は中止してください。

上記を全て試し50mgでも効果を実感出来なかった場合、シルデナフィルとの相性が悪い可能性がある為、医師に相談する事を推奨致します。

上限摂取量の50mgを超えた服用の場合、強い副作用が出てしまう可能性がある為、シルデナフィル製剤の過剰投与は行わないようにしましょう。

⇒バイアグラの副作用詳細を確認する

併せて読まれている記事

ネオクリニック 宿田 医師 ED
監修:宿田 孝弘 (ネオクリニック院長)
ネオクリニックは北海道札幌市に本院を置く自由診療のクリニックです。 患者様の気持ちに医師全員が寄り添える、そんなクリニックをコンセプトに運営して参りますので、是非お気軽にご相談ください。

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。