シルデナフィルの副作用について

シルデナフィルの副作用一覧

シルデナフィルの副作用を簡単にまとめています。

「バイアグラ」や「シルデナフィル製剤」の服用を検討している方は、しっかり目を通しておきましょう。

特に出やすい副作用

バイアグラの添付文書によると、以下の副作用が出やすいと報告されています。

症状 発現率
循環器 ほてり
紅潮
5.78%
精神・神経系 頭痛 3.87 % 

上記の副作用は、シルデナフィルの「血管拡張作用」が原因とされており、成分が体内に吸収され効き始めている証拠です。

大きな問題に繋がる可能性は低いと言われている為、「ほてり」や「頭痛」等々が出たとしても慌てる必要はありません。

しかし、体質によって激しい頭痛が出てしまう場合もあるようですので、ご自分の体調と相談した上で性行為を行いましょう。

比較的出やすい副作用

以下の副作用は比較的出やすい傾向にある為、頭の片隅に入れておいた方が良いかもしれません。

循環器 胸痛
動悸
頻脈
精神・神経系 めまい
傾眠
昏迷
肝臓 AST増加
消化器 悪心
胃腸障害
口渇
消化不良
腹痛
呼吸器 鼻炎
筋・骨格系 関節痛
筋肉痛
皮膚 発疹
感覚器 眼充血
結膜炎
彩視症
視覚障害
その他 CK増加
疼痛
熱感

全ての方に該当するわけではありませんが、上記の中でも特に以下3つの副作用が出やすいようです。

  1. 動悸
  2. 鼻詰まり
  3. 目の充血

上記3つの副作用も、シルデナフィルの血管拡張作用が原因とされている為、大きな問題に繋がる可能性は低いと言えます。

強い副作用が出てしまった場合、体質に合っていない可能性が高いので、「服用量を減らす」または「服用を中止する」などの対応をしてください。

⇒バイアグラの副作用や対応策を確認する

服用方法が原因でシルデナフィルの副作用が出る場合もある

副作用の「強さ」や「発現率」等々は、服用方法が関係している可能性があります。

以下のような誤った方法で服用した場合、シルデナフィルの副作用が出やすくなってしまうかもしれません。

  1. 服用時の注意点を理解していない
  2. 上限摂取量を超えた用量を服用している

上記2点を理解していない方が意外と多いようですので、1つずつ簡単に解説していきます。

服用時の注意点を理解していない

シルデナフィル製剤を服用する場合、以下に注意する必要があります。

  • 食前の服用が好ましい
  • 性行為1時間前の服用が好ましい
  • グレープフルーツを食べてはいけない

シルデナフィルは「食事の影響を受けやすい」と言われています。

服用するタイミングによっては、「得られる効果が半減する」または「全く効果を得られない」場合もあります。

正しい飲み方がわからない場合は、以下の記事に目を通した上でシルデナフィル製剤を服用しましょう。

⇒バイアグラの正しい飲み方を確認する

上限摂取量を超えた用量を服用している

上限摂取量を100mgと勘違いしている方が多いようですが、国内の場合は「50mg」です。

100mgは海外でしか承認されておらず、体格が小さい日本人には効果が強すぎたり、強い副作用が出たりする可能性があります。

100mgを服用して良い結果に繋がるのであれば、厚生労働省が既に承認しているでしょう。

また、50mgと100mgのED改善率は同じと報告されている為、100mgを服用するメリットは少ないと言えます。

改善率
プラセボ 15%
バイアグラ25mg 58%
バイアグラ50mg 72%
バイアグラ100mg 72%

シルデナフィルの服用量に比例して、得られる効果が強まるとは限りません。

最大限の効果を発揮させたい場合は、「持続時間」や「発現時間」等々の理解が重要です。

  • 服用後、効果は何時間持続するのか
  • 服用してから何分後に効き始めるのか
  • 最も効果が強くなる時間帯はいつなのか

上記で答えられない項目がある場合は、以下の記事を読んだ上でシルデナフィル製剤を服用した方が良いでしょう。

⇒バイアグラの効果詳細について

シルデナフィルの副作用が増強してしまう場合もある

「服用している薬」や「体質」等々によって、副作用が増強してしまう場合があります。

従って、以下に該当する方は、医師に相談した上でシルデナフィル製剤を服用しましょう。

  • 併用禁忌薬や併用注意薬を服用している
  • 添付文書の「警告」や「禁忌」に該当する

場合によっては死に至る可能性もある為、1つずつ解説していきます。

併用禁忌薬や併用注意薬を服用している

まず始めに、併用禁忌薬と併用注意薬について解説していきます。

併用禁忌薬 シルデナフィル製剤と併用してはいけない薬
併用注意薬 シルデナフィル製剤と併用する際に注意が必要な薬

【併用禁忌薬】

  • 硝酸剤およぼNO供与剤
  • アミオダロン塩酸塩
  • sGC刺激剤 など

【併用注意薬】

  • チトクロームP450 3A4阻害薬
  • チトクロームP450 3A4誘導薬
  • 降圧剤
  • α遮断剤
  • カルペリチド など

誤って上記の薬とシルデナフィル製剤を併用してしまった場合、強い相互作用が働いてしまう可能性があります。

上記に該当する医薬品を服用している方は、個人の判断でシルデナフィル製剤を服用してはいけません。

断言は出来ませんが、上記に該当しない方はシルデナフィル製剤を服用しても、副作用が増強する可能性は低いと言えるでしょう。

バイアグラを通販で購入する

添付文書の「警告」や「禁忌」に該当する

併用禁忌薬や併用注意薬と同様に、以下に該当する方はシルデナフィル製剤の服用に注意が必要です。

【警告】
シルデナフィル製剤の服用に注意が必要

  • 硝酸剤を服用している
  • 一酸化窒素供与剤を服用している
  • 心血管系の障害を有している など

【禁忌】
シルデナフィル製剤を服用してはいけない

  • シルデナフィルに対し過敏症の既往歴がある
  • 重度の肝機能障害を患っている
  • 低血圧または高血圧 など

上記以外にも、細かい注意点が複数存在します。

健康状態に問題があったり持病があったりする場合は、医師の診察を受けた上でシルデナフィル製剤を服用してください。

EDのオンライン診療を受けてみる

シルデナフィル製剤は副作用がやや出やすいED治療薬と言われている

他の有効成分と比較すると、シルデナフィルは副作用がやや出やすい傾向にあります。

「シルデナフィルの副作用が気になる…」という方は、副作用の発現率が低い傾向にある「シアリス」を服用した方が良いかもしれません。

シルデナフィルは副作用が出やすい傾向にある反面、勃起時の硬さが出やすい成分とされています。

従って、勃起時の硬さを重視する方には、シルデナフィル製剤の服用を推奨しております。

シルデナフィル製剤を通販で購入する

併せて読まれている記事

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。