バイアグラの副作用で失明するリスク

バイアグラの副作用で失明するリスクは限りなく低い

バイアグラの服用によって失明が起こる確率は、限りなく低いと考えて問題はありません。

失明の原因となる副作用は、発現頻度が不明な「※NAION」が関係すると言われています。

NAIONとは非動脈炎性前部虚血性視神経症の事で、視神経に繋がる動脈が狭窄する事で起こる病気の事です。

視神経に繋がる動脈が狭窄してしまうと、脳に光を届ける神経に栄養が届かなくなる可能性があるので、片目または両目に以下のような症状が現れると言われています。

  • 下半分が見えなくなる
  • 上半分が見えなくなる
  • 中心部分が見えなくなる

バイアグラ服用による失明リスクは限りなく低いですが、視野に異常を感じた場合は、すぐに眼科で診察を受けましょう。

また、NAION以外にも「眼」に関する副作用が報告されています。

バイアグラの服用を検討している方は、「どのような副作用が起こる可能性があるのか」を確認しておいた方が良いでしょう。

⇒バイアグラの副作用を確認する

NAIONとEDのリスクファクターが似ている

必ずしも該当するわけではありませんが、EDを発症する方はNAIONになるリスクを有している可能性があります。

NAIONの原因は、以下のような基礎疾患が関係していると言われています。

  • 高血圧症
  • 高脂血症
  • 糖尿病 など

ED(器質性)の主な原因は動脈硬化と言われており、動脈硬化を進行させるのは「高血圧症」や「高脂血症」などです。

⇒器質性EDの詳細はこちら

リスクファクターが似ているだけですが、上記は頭の片隅に入れておいた方が良いかもしれません。

当院では、EDのオンライン診療を行っております。

副作用などバイアグラに関するお悩みがある場合は、お気軽にご相談ください。

オンライン診療を受けてみる

バイアグラの副作用として眼圧上昇が報告されている

発現頻度は不明ですが、バイアグラの副作用として「眼圧上昇」が報告されています。

眼圧上昇によって失明する可能性は限りなく低いですが、緑内障を引き起こす場合があります。

緑内障は失明率が高い病気と言われている為、バイアグラの服用が失明の間接的な原因になるかもしれません。

過剰に心配しすぎる必要はありませんが、緑内障のリスクファクターを有している方は、診察時に医師に相談しておいた方が良いでしょう。

バイアグラの購入はこちら

併せて読まれている記事

ネオクリニック 宿田 医師 ED
監修:宿田 孝弘 (ネオクリニック院長)
ネオクリニックは北海道札幌市に本院を置く自由診療のクリニックです。 患者様の気持ちに医師全員が寄り添える、そんなクリニックをコンセプトに運営して参りますので、是非お気軽にご相談ください。

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。