バイアグラのデメリットについて

バイアグラのデメリット(短所)を3つ解説

あえてバイアグラのデメリット(短所)を挙げるとしたら、以下の3つです。

  1. 副作用がやや出やすい薬剤である
  2. 食事の影響によって効果が半減する場合がある
  3. 代表的なED治療薬の中で持続時間が一番短い

上記3つについて、1つずつ簡単に解説していきます。

副作用がやや出やすい薬剤である

製造販売後に行われる使用成績調査によると、バイアグラの副作用発現率が一番高いとされています。

副作用発現率
バイアグラ 65歳未満:5.8%
65歳以上:3.7%
レビトラ 65歳未満:2.69%
65歳以上:2.69%
シアリス 3.4%

従って、バイアグラを服用する前に、「どのような副作用が起こるのか」を確認しておきましょう。

⇒バイアグラの副作用詳細を確認する

食事の影響によって効果が半減する場合がある

バイアグラは食事の影響を受けやすいED治療薬と言われており、以下のようなデータが報告されています。

シルデナフィルのTmaxは食後及び空腹時投与でそれぞれ3.0及び1.2時間であり、食後投与により吸収速度が有意に減少し、Tmaxが1.8時間延長することが認められた。Cmaxは食後投与で149ng/mL、空腹時投与で255ng/mLであり、AUC∞はそれぞれ697.5及び806.2ng・hr/mLであった。

参照元

医療用医薬品 : バイアグラ

上記を要約すると、以下の通りです。

  • 効果が最も強く現れるまでに時間がかかるようになった
  • 得られる効果が減少してしまった

「空腹時に服用する」以外にも注意点が多数存在するので、バイアグラの正しい飲み方はしっかり把握しておきましょう。

⇒バイアグラの正しい飲み方を確認する

代表的なED治療薬の中で持続時間が一番短い

バイアグラはED治療薬の中で、効果の持続時間が一番短いです。

効果の持続時間
バイアグラ 4時間~6時間
レビトラ 5時間~8時間
シアリス 24時間~36時間

⇒バイアグラの効果詳細を確認する

従って、以下に該当する場合はバイアグラではなく、レビトラやシアリスの服用を検討した方が良いかもしれません。

  • 服用するタイミングを逆算するのが面倒
  • 性行為を6時間以上行う場合がある
  • 2日連続で性行為を行う機会がある

上記に該当しない場合は、持続時間が短いバイアグラでも、充分に満足出来る結果を得られる可能性があるでしょう。

バイアグラを通販で購入する

併せて読まれている記事

ネオクリニック 宿田 医師 ED
監修:宿田 孝弘 (ネオクリニック院長)
ネオクリニックは北海道札幌市に本院を置く自由診療のクリニックです。 患者様の気持ちに医師全員が寄り添える、そんなクリニックをコンセプトに運営して参りますので、是非お気軽にご相談ください。

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。