バイアグラの副作用である胸焼けについて

バイアグラの服用で胸焼けの副作用が起こる確率

バイアグラの服用で胸焼けの副作用が起こる確率は、0.1%~1%未満と報告されています。

⇒バイアグラの副作用詳細はこちら

発現率としては低く感じますが、バイアグラ服用後に胸焼けの副作用が起こる方は多いようです。

胸焼けは軽微な副作用である為、大きな問題に繋がる可能性は限りなく低いと言われています。

しかし、場合によっては性行為に支障をきたす場合があるので、胸焼けの対処法はしっかりと確認しておきましょう。

⇒胸焼けの対処法を先に確認する

バイアグラの服用で胸焼けが起こる原因

バイアグラの服用で胸焼けが起こる原因は、「食道」や「胃」などにある平滑筋の弛緩が関係していると言われています。

食道」や「胃」などにある平滑筋の弛緩について解説する前に、バイアグラの簡単なメカニズムを解説していおきます。

【バイアグラのメカニズム】

  1. 陰茎海綿体平滑筋が弛緩しやすくなる
  2. 海綿体に送られる血液量が増えやすくなる
  3. 正常な勃起状態を維持しやすくなる

⇒バイアグラの効果詳細はこちら

上記で解説した陰茎海綿体平滑筋が弛緩する際に、食道や胃などにある平滑筋まで一緒に弛緩させてしまう場合があります。

食道や胃にある平滑筋は、「胃液」や「消化中の食べ物」が逆流しないようにする働きを持っています。

この平滑筋が弛緩してしまう事によって、「胸焼け」や「胃酸の逆流」などが起こると言われています。

胸焼けが起こった場合の効果的な対処法

バイアグラの服用で胸やけが起こった場合、以下の対処法をぜひ試してみてください。

  1. 胸焼けが落ち着くまで安静にする
  2. 食事方法や食事内容を見直す
  3. 胃腸薬を服用する
  4. バイアグラ以外のED治療薬の服用を検討する

上記4つの対処法について、1つずつ簡単に解説していきます。

胸焼けが落ち着くまで安静にする

胸焼けの副作用は、基本的に軽微な事が多いと言われています。

安静にしていれば胸焼けは自然と治まりますので、落ち着くまで様子を見てみましょう。

性行為に支障をきたすほど強い胸焼けが起こる場合は、胃腸薬を併用した方が良いかもしれません。

⇒胃薬を服用する対処法を確認する

食事方法や内容を見直す

胸焼けは食事から起こる場合もありますので、食事方法や食事内容などを見直してみましょう。

  • 満腹状態まで食べていないか
  • 消化に悪いものを食べていないか
  • 噛まずに食べてしまう事が多くないか
  • 早食いはしていないか
  • 食べた後、すぐ横になっていないか
  • 脂質が多い食事をしていないか

上記に該当する項目がある場合は、改善した上でバイアグラを服用してみましょう。

ED治療薬の中でもバイアグラは、特に食事の影響を受けやすいと言われています。

誤った方法で服用すると、バイアグラの効果が半減してしまう場合がありますので、正しい飲み方はしっかりと確認しておきましょう。

⇒バイアグラの正しい飲み方を確認する

胃腸薬を服用する

胸焼けの副作用には、胃腸薬の服用が有効とされています。

ドラッグストアなどで販売している胃腸薬でも、胸焼けの対処は可能です。

胃腸薬を服用するタイミングは、「胸焼けが起こった時点」が好ましいとされています。

しかし、体質によってはバイアグラを服用した直後に、胸焼けの副作用が起こる場合があります。

その場合は、胃薬とバイアグラを同時に服用しても問題はありません。

バイアグラを通販で購入する

胃薬を併用する際の注意点

バイアグラと胃薬を併用する上で、以下に注意する必要があります。

  • 胃薬を服用出来ない方がいる
  • 胃薬の副作用が出る場合がある

胃薬も医薬品ですので、少なからず服用リスクが存在します。

胸焼けの副作用が気になる方は、医師に相談した上でバイアグラと胃薬を併用するようにしましょう。

オンライン診療を受けてみる

バイアグラ以外のED治療薬の服用を検討する

胸焼けの副作用が頻繁に起こる場合、バイアグラ以外のED治療薬の服用を検討した方が良いかもしれません。

特徴
シアリス ・副作用の発現率が低い傾向にある
・食事の影響を受けにくい
・持続時間が24時間~36時間
レビトラ ・即効性に優れている
・食事の影響を受けにくい

ED治療薬を変更する事によって、胸焼けの副作用が起こらなくなる可能性があります。

実際に全種類を服用してみて、胸焼けが起こらない自分に合うED治療薬を探してみてはいかがでしょうか?

併せて読まれている記事

ネオクリニック 宿田 医師 ED
監修:宿田 孝弘 (ネオクリニック院長)
ネオクリニックは北海道札幌市に本院を置く自由診療のクリニックです。 患者様の気持ちに医師全員が寄り添える、そんなクリニックをコンセプトに運営して参りますので、是非お気軽にご相談ください。

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。