商品情報にスキップ
1 / 1

neoclinic

レビトラ錠(バイエル)

通常価格
¥7,520
通常価格
セール価格
¥7,520
成分量
会員の方はログインが必要です

内容量

 販売価格(1錠単価)
20mg 1,880円

レビトラの効果

レビトラはバイアグラやシアリスと比べ、即効性に優れているED治療薬です。
3種類の中で最も水に溶けやすい性質上、効果を発揮するまでの時間が最も短く15分~30分程度で最大血中濃度まで達します。
服用後の持続時間は5時間~8時間程度とされており、その間は性的刺激を与えることで勃起状態の手助けをしてくれるお薬です。

また食事の影響も受けにくい特徴があり、700キロカロリー以内の食事に留めておくことで、食事の影響にも左右されない特徴があります。

レビトラの臨床試験結果

レビトラの臨床試験は日本国内で2000年10月から開始されています。
日本人のEDに悩む男性283名を被験者として、性行為1時間前に1錠、12週間投与した結果、以下のような有効性を確認することができています。

 試験錠剤 改善率
プラセボ錠 35%
5mg  73%
10mg  85%
20mg  86%

上記の図から分かるように、効果のないプラセボ錠では勃起機能が改善したと回答する男性が35%に留まっています。

しかしバルデナフィルを配合した錠剤では5mgで73%、10.20mg共に85%の男性が改善したと回答したことから、レビトラの有効性が確立されED治療薬として処方されています。

レビトラの服用方法や副作用の注意点

服用方法や副作用の注意点

レビトラを安全に服用していただくため、ここからはレビトラの服用方法や副作用、注意点の解説になります。

レビトラの服用方法

1回1錠(5mg~20mg)を水かぬるま湯で、性行為の1時間前に服用してください。
個人差はありますが水に溶けやすい性質のため、早い方で30分程度で効果を発揮する方もいますが、前もって1時間前に服用すると良いです。

ほかのED治療薬同様、レビトラも空腹時の服用が望ましく、胃に食べ物がある状態の服用は効果が出るまでに時間がかかる場合があります。
1度服用したら次回服用までに24時間の間隔を開けて服用してください。

お酒との併用は問題ありませんが、飲み過ぎは泥酔してしまい効果を発揮できなくなる恐れがあるため適量に抑えてください。

レビトラの副作用

レビトラの臨床試験で以下の副作用が確認されています。
※数値は発生頻度

  • 頭痛 5.59%
  • ほてり 10.84%
  • 消化不良 0.99%
  • 鼻閉 1.20%
  • めまい 0.44%
  • 眼障害 1.53%

レビトラの副作用はどれも軽度であり重症化の報告はほぼありません。
時間経過で有効成分が切れ始めると副作用も薄れますが、当院のレビトラを服用後に体調不良が見られた場合にはすぐに服用を中止しご相談ください。

レビトラの併用注意・禁忌

当院でレビトラ処方をご希望の場合、お伺いしておりますが以下のお薬を服用している場合には処方ができない、または注意が必要です。

  • 硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド)など
  • リオシグアト
  • リトナビル
  • インジナビル
  • CYP3A4を阻害する薬剤(サキナビルメシル酸塩、ホスアンプレナビル、アタザナビル)など
  • テラプレビル
  • ケトコナゾール、イトラコナゾール
  • スタリビルド
  • クラスIA抗不整脈薬(キニジン、プロカインアミド)など
  • クラスIII抗不整脈薬(ソタロール、アミオダロン)など

上記のお薬を服用している場合にはレビトラは処方できません
レビトラとの相性が悪く、副作用を増強させる恐れがあります。

また注意薬としては以下のお薬が挙げられます。

  • ・マクロライド系抗生物質
  • ・α遮断薬(テラゾシン、タムスロシン)など
  • ・リファンピシン
  • ・カルペリチド
  • ・ビカルタミド

上記を服用している方は診察にて注意事項をお話しております。
安全に服用するためですのでご理解ください。

服用できない人

  • バルデナフィルの成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 重度の肝障害をお持ちの方
  • 心疾患系の障害があり、性行為が不適当と考えられる方
  • 人工透析が必要な腎障害の方
  • 低血圧(90mmHg)、治療がされていない高血圧(170mmHg、安静時に100mmHg)の方
  • 脳梗塞・脳出血、心筋梗塞の既往歴が半年以内にある方
  • 網膜色素変性症の方
  • 硝酸剤、NO供与剤の投与を受けている方
  • リオシグアト、CYP3A4を阻害する薬剤など、禁忌事項で解説した箇所に該当する方
  • 先天性のQT延長患者、クラスIA、クラスIII抗不整脈薬を投与中の方

上記に該当する方にはレビトラを処方することができませんので、予めご了承ください。

ネオクリニック 宿田 医師 ED
監修:宿田 孝弘 (ネオクリニック院長)
ネオクリニックは北海道札幌市に本院を置く自由診療のクリニックです。 患者様の気持ちに医師全員が寄り添える、そんなクリニックをコンセプトに運営して参りますので、是非お気軽にご相談ください。