商品情報にスキップ
1 / 1

Viatris

シルデナフィル錠「Mysildecard」

通常価格
¥0
通常価格
セール価格
¥0
成分量
すでに通院中の方の
ログインはこちら

内容量

 販売価格(1錠単価)
20mg 0円

目次

  1. シルデナフィル錠「Mysildecard」の概要
  2. シルデナフィル錠「Mysildecard」の効果
  3. シルデナフィル錠「Mysildecard」の副作用
  4. シルデナフィル錠「Mysildecard」の服用方法
  5. シルデナフィル錠「Mysildecard」の注意点

シルデナフィル錠「Mysildecard」の概要

シルデナフィル錠「Mysildecard」は有効成分がシルデナフィルとなりますが、肺動脈性肺高血圧症の治療に使われるため用量が20mgと低用量になっています。

製造元 Viatris
処方国 アイルランド
有効成分 シルデナフィル
服用方法 1日3回、1回20mg
作用機序 PDE5を阻害しcGMP濃度を上昇させることで肺動脈及び肺血管抵抗を低下させる
副作用 頭痛、嘔吐、四肢痛 など
ホームページ https://www.viatris.com/en-ie/lm/Ireland/

製造メーカーは国内の先発薬バイアグラを製造するヴィアトリスですが、用量が少ないためED治療薬としてはお使いいただけません。


シルデナフィル錠「Mysildecard」の効果

シルデナフィル錠「Mysildecard」の効果は、狭くあるいは硬くなった肺の血管(肺動脈)への血流を改善し、息切れや呼吸困難、疲労、動悸などを改善します。

このようにバイアグラと同じ有効成分シルデナフィルであるものの、治療目的や期待される効果が異なります。
ED治療を検討されている人は、以下のページでバイアグラ(シルデナフィル)の効果についてご確認ください。

バイアグラ(シルデナフィル)の効果


シルデナフィル錠「Mysildecard」の効果持続時間

シルデナフィル錠「Mysildecard」の効果持続時間については、次を参考にしてみてください。

効き始めるまでの時間(Tmax)
⇨ 約1時間

成分濃度が半減するまでの時間(T1/2)
⇨ 約2時間

1回の服用では効果が短いため、1日のうちでも回数をわけて服用し効き目を持続させる必要があります。


シルデナフィル錠「Mysildecard」の副作用

シルデナフィル錠「Mysildecard」の主な副作用は、

  • 頭痛
  • めまい
  • 潮紅
  • 消化不良
  • 腹痛
  • 悪心
  • 下痢
    など

血流の改善に伴った症状が現れることがあります。

バイアグラ(シルデナフィル)の副作用については、以下のページを参考にしてください。

バイアグラ(シルデナフィル)の副作用


シルデナフィル錠「Mysildecard」の服用方法

シルデナフィル錠「Mysildecard」の服用方法は、次のとおりです。

"1回20mgを1日3回水またはぬるま湯で服用"

1回の服用間隔は、4〜6時間としてください。


服用してはいけない人

□有効成分シルデナフィルや、お薬の添加剤にアレルギーを起こしたことがある人
□重度の肝障害が認められている人

上記のいずれかに当てはまる人は、シルデナフィル錠「Mysildecard」を服用できません。


併用してはいけない薬

硝酸剤およびNO(一酸化窒素)供与剤
⇨ ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル、など
※飲み薬だけでなく、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなども含まれます。

肺動脈性高血圧症のお薬
⇨ リオシグアト(アデムパス)

その他
⇨ リトナビル含有製剤、ダルナビル含有製剤、イトラコナゾール含有製剤

いずれもシルデナフィル錠「Mysildecard」との飲み合わせが悪いため、上記のお薬を服用中の人は使用できません。


シルデナフィル錠「Mysildecard」の注意点

シルデナフィル錠「Mysildecard」の注意点として、

  • バイアグラではない
  • 低用量のためED治療薬としては使用できない
  • 服用できない人や飲み合わせも異なる

有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルですが、あくまでも肺動脈性肺高血圧症の治療薬として使用するようにしてください。


ネオクリニック 宿田 医師
監修:宿田 孝弘(ネオクリニック院長)
このページで紹介しているシルデナフィル錠「Mysildecard」について、ご質問等ありましたら是非お気軽にご連絡ください。